FC2ブログ

cococi blog

10月21日の花

_MG_3493.jpg

今週もまたホトトギス。
これも白花系でした。花びらが丸みをおびて、照斑の入り方ははっきり。
ホトトギス、品種が多いので、図鑑をみてもなかなか特定できません。

これも晩秋に入ったらやってくる、ササリンドウと。
生けて、カメラの用意をしているあいだに、みるみる花が開いてきました。
なかなかきちんと開かないことの多いリンドウだけに、
嬉しさひとしお。

花 ホトトギス、ササリンドウ、ノブドウ
スポンサーサイト



台風の後は

_MG_3363.jpg

閉め切っていても、涼しいようにしていても。
なぜか、強力な低気圧が来た後は、花がおとろえます。
今の家は、木造なうえに木製建具もある。
どちらかといえば、外の湿度の影響なんかも受けやすい。
だけどそれとは関係なく。
以前教室をやらせてもらっていた、鉄筋コンクリートのビル内でも同じだった。

うーん。なぜでしょう。
たぶん、気圧の変動なんかが関係あるような気がしているのですが。

先日生けた、ホトトギスも、今朝には花が終わってしまった。
はじめてやってきた花で、わくわくしながら生けたのだった。
いま、ホトトギスがオンシーズン。贅沢に、3種を一度に。

花 ジョウロウホトトギス系2種、台湾ホトトギス
器 野村亜矢

今日はいろいろ。

花教室のあとで、花がたくさん。
今を逃すと!な花がいくつもあって、今日は自宅でいろいろ生けてみる。
明日でもまだ花は咲いているのだけど、
葉っぱや花びらの持っている色つやみたいなものは、
一日ずれるだけで失われてしまうことがある。

花は一瞬のもの、とはよく言われることだけど、ほんとにそう。

それと、自分の気分がジョイントしているかは、また別のハナシ。

スタジオの花も入れ替え。
_MG_3373.jpg

アキグミのドロップみたいな半透明の色。
やさしいヨメナの色。
やわやわとした色みにまとめる。
花 アキグミ ヨメナ シラヤマギク

_MG_3369.jpg


朱色の実に、緑の葉っぱ。秋の地味ハデ。
くっきり輪郭が浮かび上がる色をめざす。

花 ニシキギ シラヤマギク



10月5日の花

_MG_3256.jpg

通年ある白の花。
同じ白でも季節によって、感じ方が違う気がします。
秋の白は、さわやかな白。

秋の青空みたいな、スコーンと抜けた色に思えます。
キキョウの白花もクリアな白。
青い実が似合う色です。

花 白花キキョウ 青つづらふじ 黒軸かりやす

10月2日の花

_MG_3250.jpg

実ものの季節。
花もよいけど、実はなぜか心躍るものがある。
赤くても、青くても、白くても。

花 西洋かまつか 忍冬
器 野村亜矢

 | HOME | 

Calendar
« | 2013-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories Search Monthly Recent Entries Recent Comments Recent Trackbacks Links Appendix hibihana

hibihana

ふだん着の花を生けよう。ということで、名づけてヒビハナ。
日常の花とうつわをテーマにした花レッスンを都内で開講中。
日々おきる花とのできごと、うつわのこと、ごはんまわりのことなど、かいています。
日々花・花教室→