FC2ブログ

cococi blog

青いあじさい咲く

110528.jpg

やけに早い梅雨入りだなあ・・・と思っていたら、
すでにあじさいが咲き始めていた。
実家の裏に植えた、山あじさい。
鉢で買って来たときは、ピンク色の花だった。
関東で、地に植えたときの他聞にもれず、よく年は青色に。
以来、ずっと水色の花が咲き続けている。
小さなひょろひょろの鉢だったものが、
今では1mくらいの高さの木に成長している。
スポンサーサイト



いいと良くない

110526.jpg

日々花のサイト、スケジュール等を更新したはずが、されてませんでしたね。
先ほど、訂正しました。
今度はサイトから確認できるようになってます。
ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。
ご指摘くださった皆さま、ありがとうございました。
ついでに、lesson infoの写真もかえました。
ちょっと夏っぽくなってます。

緑が濃くなるにつれ、光と陰のコントラストのせいか、暗い写真が増えてきます。
暗いのがいいのか、良くないのか。
いいのもあれば、明るいほうがいいのも、ある。
花によったり、光の色によったりするけど、気分というのもある。
明るいは、誰が見ても「きれい」な写真になる。
とくに、花はそうだと思います。
暗いトーンは、難しい。暗くしたいな、と思っても、きれいな暗さにならないことが多いです。

早々梅雨入りの気配に、「暗い」写真が増える今日このごろ。
撮ってはみたけど、失敗も多くなる。
この写真も、撮りっぱなしはかなり中途半端。
明るくしたらすごーくヘンだった・・・
いっそのこと、さらに「暗く」してみました。

吊り下げる

110525.jpg

うつむいて咲く花は、どうしたって、
顔が見えるように生けるのは難しい。
無理矢理すると、不自然だ。
うつむいて、よく見えない。
そのまんまでいいと思う。
でも、ときにこうして目の高さに持ってくると、
それはそれで茎のカーブが引き立ってくる。
かごを壁に下げて、かけ花に。

くさい。けどかわいい

110524.jpg

かごの季節ですね~
持っているだけでサワヤカ感が増すのは、やっぱり「編んでいる」せいでしょうか。
今月の日々花教室。
手提げかごに生ける、でした。
おりしも、新緑たっぷり、季節感たっぷりの花がやってきて、
窓を開け放ってのレッスンも清々しい週末でした。

緑と黒、相性いいのですが、
この黒い花はまたクセモノ。
みんな手に取るものの、「うっ」とうなって、
9割がた手放してしまう。
洗ってないぞうきんとか、ねこのお○○このような匂いとか、
そう。
とっても、くさい。
玄関なんかに飾ったりすると、
帰宅後ドアを開けた瞬間にやられます。
緑を多彩に、黒と白で生けてみました。
かごは、KEGOYAさんのもの。
あけびの透けた編み目がきれいです。

つぼみも食べる

110517.jpg

「無臭ニンニクの茎です。ゆでてサラダに」
この頃行っている農協直売所には、ちょっと変わった野菜がある。
ルバーブ。加熱するとおいしい砲弾形の黄色のトマトなどなど。
新顔を見つけると、とりあえず試してみる。
今日はこれだ。
思わず生けてみたくなるような、くるんくるんの枝ぶり。
下げて飾っておきたくなる。
もし生けたら、きっと部屋中ニラ臭くなるに違いない。
あたらしい、おいしいうちにと、壁に飾らず
食べてしまう。
つぼみが甘い。

片付けて、片付けて、また片付ける。

110512.jpg

この数ヶ月というもの、家の中がなんとなく乱雑でした。
家にいるのをさいわい、片付けの連休に。
年末にも片付けしたし、
もうそんなに捨てるものはないと思ってたのだが、
なぜかわからないけど、紙ゴミが異様に出た。
減らせ、持ち物!なので、だいぶすっきり。
そんなわけでほとんど家にいた連休。
出かけたうちの1回は、新宿のオゾンでのクラフトフェア。
めあては、小川麻美さんの展示。
日々花教室に通ってくれていた生徒さんでもある。
陶芸の道に進みたい、といっていた彼女。
先月のSHIZENの花生けライブに来てくださって、再会。
ほんとーにひさしぶりに会った小川さんは、
ちゃんと陶芸家になっていた。
小川さんのブースには、次々人々がやってきている。
なんか、うれしくなる。
わたしが買ったのは花器。
やさしいのんびりしたかんじが、どんな花ともしっくりきそう。
今は、丁字草と縞すすきを入れてある。
ガンバレー小川さん。

http://aonoutuwa.exblog.jp/
こちらが小川さんのブログです。

サラダ流行中。

110501.jpg

ピーチかぶ、というのを買った。
見た目はふつうのかぶ。
かむととんでもなく柔らかくて、あまい。
皮のまま、スライスして、トマトやタマネギと油とお酢で和える。
農協の直売所で買った。
ルッコラも、大量に売っているので、それもサラダにする。
ハムとか豆も混ぜる。
サラダは体が冷えそうで、ずっと敬遠していた。
この春は、なぜか冷える感じはしない。
モシャモシャとこれらの野菜を食べると、元気が出る気がする。
直売所、バンザイ。
今日、友人がタケノコを持ってきてくれた。
自分の家で採れたものだ。
彼は、農協の組合員でもある。
空いている土地に、直売所を作ろうというのだが、
農協の上のほうの人たちは、面倒なのか、いやがるそうだ。
もったいない。
もし、直売所ができたら、わたしのように喜んで買う人は、きっといるに違いないのに。
そんなことしてたら、食料自給率、もっと下がっちゃうんじゃないかと思う、どうだろう?
ともあれ。
サラダがはやっている、この頃。
夏椿さんの須田二郎さんの個展に先週行った。
つい、サラダにいけるかも、と木のボウルに目がいく。
で、買ったのだけど。
今は、花が入っている。

 | HOME | 

Calendar
« | 2011-05 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Categories Search Monthly Recent Entries Recent Comments Recent Trackbacks Links Appendix hibihana

hibihana

ふだん着の花を生けよう。ということで、名づけてヒビハナ。
日常の花とうつわをテーマにした花レッスンを都内で開講中。
日々おきる花とのできごと、うつわのこと、ごはんまわりのことなど、かいています。
日々花・花教室→