FC2ブログ

cococi blog

日々花、3月のレッスンぶじ終了です。

110328.jpg

皆さんいらしていただけるだろうか。
やってもいいのだろうか。
迷ったすえのレッスンでしたが、無事に終了しました。
始める前には、わたし元気でいなくちゃ、とか、
だいぶ自分にハッパをかけたものですが。
ふたを開けてみれば、
変わらぬ皆さんの姿に、逆にどんなにか励まされたことか。
この場を借りて、お礼申し上げます。
ありがとうございました。
お花っていいですね。と言ってくださる方、
差し入れをくださる方、
忙しいあいまをぬっていらしてくださる方、
ちょっとしたこと、一言が何倍も嬉しいものですね。こういうとき。
わたしも、誰かにそうできたらいいなと思います。

3月の月1コースは、紙器に生ける。でした。
紙の器のことは、また明日以降に。
スポンサーサイト



明日から日々花レッスンです

110324.jpg

「週末のレッスン、たのしみにしています」
とメールをいただいた。
「ありますよね?」と確認してくださる方もいる。
もちろん、ご連絡はなくとも、どうやら皆さんが来てくださるらしい、
こともかんじられてきた。
とてもうれしかった。
余震が続くことや、ガソリン問題や、花の入手のこと、停電のこと、
教室、やれるかどうか、心配だったから。
やるからには、皆さんが来てよかった、
と思ってくださるようにしたい。

今度近所になるところに、梅の木がたくさんあることに気づいた。
畑が多いので、たぶん、梅の実がとれる種類だろう。
畑や丘の所々に、点々と紅色や白色。
こぶしも咲いてる。
いいなあ、と思った。
春だ。春がもうやってきている。
ホトケノザもだいぶ背が伸びて、とうとう花だいこんも咲き始めた。
早く、わたしたちの心にも春がきますように。



紙器に生ける。

110319.jpg

3月の日々花のレッスンで使っている、紙の器。
四角い器は、花生けに重宝する。
ビオラと、おかめ桜の小枝とを生ける。
おかめ桜の「おかめ」は何から来ているのだろう。

今日、出かけた先には、ボケと白の椿がアクリルの四角い花器に生けられていた。
どちらも、そのお宅の庭に咲いているもの。
素直な枝振りが、いかにも庭咲きらしい。
どことはいえないけれど、雰囲気のすてきなお家。
カーテン使いがすてきだった。


今日の花

110318.jpg
フリージアの仲間。スパラキシス。
日ざしと温度に敏感で、明るく、あたたかくなるとすぐ咲く。
あっけらかんと明るい黄色。
色といい、性質といい、せっかちタイプかも。
どんどん咲いて、あれあれと思ってるうちに、さらにさらに開いていく。
えんどうと一緒に入れる。
これは、紫の花がとくべつきれいだった。
どこの産か聞いておけばよかった。
えんどうは、蔓と葉っぱ優先で買うのだけど、
このときは、花が濃い色をしていて、なんだか惹かれるものがあった。
写真ではあまり写ってないですね。

花器は、先日うつわ楓さんでの、野田敬子さんの個展で買ったもの。

皆さまご無事でしょうか。

110317.jpg


日々花花教室の皆さま、そしてはな日和をご覧くださっている皆さま、
ご無事でいらっしゃるでしょうか。
わたしは無事にしております。

今回の地震からいろいろなことが起こり、
またたくさんの不安もありますが
それは誰しも一緒のことでしょう。

ともかく、今はできることからと思います。
まずは、いつものように、花の写真を。

地震の日に買った、おかめ桜。
今、満開を迎えています。

続いて花生け。今度は野田敬子展です。

noda_DM.jpg

SHIZENのお姉さん店、うつわ楓さんでの
野田敬子さんの個展も花を担当します。
DM撮影用に届いた花器にぐっときました。
大きさ感がちょうど良い!
威張ったカンジもなくて、すっと花になじんでくれる。
こんなの、なかなかありそでないのです。
それもそのはず、
一昨年より手がけはじめ、今回の個展ではじっくり製作!とのこと。
明日はその生け込みに行って参ります!
shizenの野村亜矢さんの個展も、お花をすこし入れ替えます。
野田さんの個展はあさって、9日から、
野村さんのほうは、10日までです。
野田敬子展 3月9日~14日
うつわ楓
http://utsuwa-kaede.com

野村亜矢展、生けてきました

012-1.jpg

花器がいろいろ。
とってもたくさんありました。
そして、見ているよりずっと使いやすい!
案ずるより産むが易しとはこのことか。
(またもや野村さんゴメンナサイ!!)
そして、なかなかいいツボついているんです。
一輪挿しにもなれば、何本も入る花瓶形。
器と花留め一体型なんていうのも、あります。
これはアイデア!
すっかり時間を忘れていけていました。
楽しかった~。
悔やむべくは、カメラを忘れてきたこと。
SHIZENのカメラをお借りして、撮影でした。
次回は、火曜日にお花を変える予定です。
カメラ、忘れないようにしなくちゃ。

お知らせです

nomura_DM.jpg

3月5日より、千駄ヶ谷の器屋さん、SHIZENでの
野村亜矢さんの個展の花を生けます。
DM用にと届いたのが、煮物やサラダによさそうな深鉢。
それには、花留めがついていました。
なかなかよい陶の花留めがないのですが、
これは意外な(野村さんゴメンナサイ)ほどに、
使いやすい!
枝ものを一本、あるいは花を一輪、というときに、きっと活躍しそう。
というわけで、花器に。食器に。
2wayでいけそうな器です。
すっかり触発されて、4月の日々花教室でも、
陶の花留めを使ったレッスンをします。
もちろん、野村さんの花留めも使いますよ~
今回の個展で入手せねば。
そして、
展覧会のお花も生けさせていただくことになり、
明日はその生け込みです。
また、このブログで様子をお伝えしたいと思います。

DMで生けたのは、椿。
こんな顔が大きめの花もあいます。
展覧会では、また別の花を入れる予定です。

野村亜矢展 3月5日~10日
SHIZEN http://utsuwa-kaede.com/shizen

日々花教室についてはこちらから→
ただいま、4月からの会を募集中です。

白いえんどう

110301.jpg


ついこの間、1月だったような気がするけれど、もう3月になってしまった。
一年も6分の1終わったということ??
ともあれ、
そろそろ春のサインが目に見えてきた。
お向いの沈丁花は、だいぶ色づいているし、
多摩川沿いの早咲きの桜はもう満開。
おとといは、お花見してる人がいました。
部屋に置いてる花も、どんどん咲く。
意固地になったみたいに固かった、
八重椿のつぼみがとうとうふくらんできた。
最初は梅と一緒で、その梅が散り→太郎庵椿→雪柳→こぶし→ときて、
ただいまは、えんどうと、アリウムと。
このえんどうは、こんな小さな写真ではわからないけれど、
白い花なのだ。
たいてい、切り花のえんどうは紫色の花をしている。
こんな白いの、ほしかった!
別にどっちでもいいような気がするでしょう。
そうでしょう。
でも、違うんです。
わたしはダンゼン、白がいいと思っているのです。
やわらかい、春そのもののえんどうの緑。
ときどき、ついている、小さな絹さや。
清潔な、白い花がなんたってぴったりくる。
それに、白いほうが、いろいろあわせられる花がふえてくる。
黄色のサンシュユ。
大人なクリスマスローズも、白のほうがあう。
まあ、何でもいいのだけど。
要するに、白いほうが好きなのだ。

 | HOME | 

Calendar
« | 2011-03 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories Search Monthly Recent Entries Recent Comments Recent Trackbacks Links Appendix hibihana

hibihana

ふだん着の花を生けよう。ということで、名づけてヒビハナ。
日常の花とうつわをテーマにした花レッスンを都内で開講中。
日々おきる花とのできごと、うつわのこと、ごはんまわりのことなど、かいています。
日々花・花教室→