FC2ブログ

cococi blog

世田谷市場ミニストリートライブ

101129.jpg
またお声掛けいただいて、
今朝は2度目のストリートライブでした。
名前のとおり、中卸棟の通りで、ライブに花を生けるイベント。
今回は、時節柄のクリスマス&お正月。
クリスマスは、ひむろ杉やブルーバードを使って、
丸い球体の飾りを。
お正月は、日々花おなじみの炭飾りをつくりました。
月曜日ということもあって、お客様も多く、
たくさんの方がブースに立ち寄ってくださいます。
いつもなんとなくお見かけしていても、
言葉をかわす間柄にはなかなかなれないのですが、
こんな機会には、いろいろお話できたりして、
それがいちばんやっている側としては、たのしいのです。
みんなが順番にやったら、面白いのでは??
どうでしょう??
中卸各社の皆様、いろいろとお気遣いくださいまして、
ありがとうございました。
今日を機会に、このブログをみてくださった方、
また市場でお会いすることがありましたら、
声かけてくださいね!
スポンサーサイト



植物リレー

101128.jpg
11月の日々花、月1コースのテーマは、「置く。並べる」でした。
木の実や、落葉。蔓のからまるそのまんま。
お皿のうえに、料理の盛り付けでもするようなかんじで、
並べてみます。
こんなレッスンのときは、素材探しに力を入れます。
市場で買ってくるだけでは、ちょっと物足りない。
かといって、かってにとるわけにもいかないので、
やっぱり「拾う」が活躍します。
レッスンでは、いろいろ集めてくるけれど、
こんなやり方を、個人的に楽しむのなら、
偶然拾ったものがスタート地点になる。
桜の落葉を拾う→次の日、どんぐりを見つける→いっしょに飾る、みたいなかんじに
日々リレーをしながら、お皿の上が変わっていったらたのしいと思うのです。

旅のたのしみ

101125.jpg
旅に出ると、拾い物をするのがたのしみだ。
今の時期なら、落葉や木の実。
海に行けば、石ころや流木だ。
さびた金属くずなんてときもある。
拾えるぞーと思っていくよりも、思いがけなく見つけたときのほうが
うれしいのも言わずもがな。
先週は、北海道にいた。
目的地はとうぜんだけど、もう雪!
さすがに道路はとけているけれど、大豆畑はいちめん真っ白だった。
仕事をおえて、札幌に出ると、まだ紅葉が少々残っている。
北大のキャンパスで、いろいろ見つける。
ここは、すごく。いい。
建物も、しっとり落ち着いているし、何より木がたくさんある。
こんなところで研究してたり、勉強できたらしあわせだ。
ランニングに来ている人、
散歩のおばあさん。
近所の保育所のこどもたち。
そんな人がたくさんいる。
学生や、大学関係者以外にも、開かれたキャンパスなのもかんじがいい。
こどもにまじって、いろいろ拾う。
朝ごはんのコーヒーを入れてきた紙袋だけで足りなくて、
コンビ二袋二つ分にもなった。
今週末のレッスンに使うつもりだ。

名残りを惜しむ

101115.jpg
先週の日々花、月2コースのレッスンは、「名残の花」。
冬の入り口、咲き残る花を生けてみました。
名残り、っていうと、風情がありますが、
残り、っていうと、あんまりいいかんじがしない??
最後の花ですから、葉が霜げていたり、種ばかりになっていたりします。
見ようによっては、残りものっぽくもなってしまう…
ピカピカの花ばかりを見慣れている人には、
ごみのように見えなくもなくて。
そこは、季節を惜しむ気持ちで、この、いっときの様子を、
うつくしく!生けてみたいものです。

まだセーターも着ないのに

_MG_1390.jpg
昨日は、新年の迎え花の撮影でした。
桜の落ち葉が散る中、お正月…っていうのもヘンな気分ですが。
撮影場所が、また気持ちのよいところ。
鎮守の森の中の、小さなギャラリー。
撮影用に貸し出してもいるのです。
開放感たっぷりで、デッキで作業がなんと気持ちのよいことか。
朝から、犬の散歩あり。赤ちゃん連れで、お弁当を広げに来る人ありで、
市民の憩いの場みたいになってる。
近所に住んでたら、散歩に来ちゃうなあ。きっと。
ともあれ。
お正月の花。
きれいに撮っていただきました。
仕上がりが、たのしみ。

みためだけではワカラナイ

101105.jpg
掛け花のレッスンをやりたいと思ったのは、
5年前くらいだろうか。
自宅は賃貸で、壁にものをかけることができない。
今の大田区の教室にうつって、壁がイロイロ使えるようになったのがきっかけ。
それに、いかにも花器、っていう用途の限られるものを使うのも、
当時は抵抗があったりした。
それから掛け花入れを探しました。
レッスンで使うには、ともかく最低6個はいる。
それに、自分が使いこなせていないと、レッスンができないのは当然のことだ。
なにしろ、お茶わんやお皿のように、すぐ見つかるものでもなく、
あっても、とても高かったりすることもあった。
ともかく生けるにもお財布にもよさそうなものを、
いろいろ試してみた。
わかったのは、みためと生けやすさは別モノだということ。

掛け花

101101.jpg

だいぶ間があいてしまいました。
ひさしぶりの更新になってしまった。
なんだか、落ち着かない10月でした。
秋を味わうまもなく、冬になっちゃいそうです。

10月ラストの日々花は、掛け花でした。
日々花でもはじめての試み。
花器が壁にかかる、それだけのことですが、花はだいぶ様子がかわります。
写真は、Nさんの花。

秋は蔓ものやら、曲がり枝やら、掛け花で生けたい花材がたくさん。
掛け花はじめにはぴったりの季節です。

今月はまめに更新!
がんばるぞー

 | HOME | 

Calendar
« | 2010-11 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Categories Search Monthly Recent Entries Recent Comments Recent Trackbacks Links Appendix hibihana

hibihana

ふだん着の花を生けよう。ということで、名づけてヒビハナ。
日常の花とうつわをテーマにした花レッスンを都内で開講中。
日々おきる花とのできごと、うつわのこと、ごはんまわりのことなど、かいています。
日々花・花教室→