FC2ブログ

cococi blog

ぴりりと辛い。


またも、ブログさぼりぎみでした。
先週のレッスンにやってきた、白い花。
わさびの花でした。
生けた残りは、たべてしまう。
さっと熱湯をかけて、さまして刻み、ビニール袋にいれてシャカシャカふる。
と辛みがでるのだそうで。
やってみたら、ほんとに辛くなりました。
昨日いただいたのは、生のままをサラダにしたもの。
これも、おいしい。
お肉とよく合いました。
スポンサーサイト



小さいか大きいか。


朝ごはんのヨーグルトのジャムがなくなった。
ヨーグルトが自家製のせいか、さっぱりしすぎるくらいな味なのと、
眠っている体に、甘いものが目覚まし効果があるのか。
ジャムはかかせないのだ。
そうだ。
苺ジャムをしよう。
教室近くの八百屋さんで、ジャム用苺を2袋買う。
いつになく、中まで赤い、いい苺。
このあいだも、小さくてかためで、酸味の強いのがおいしいね、という話になった。
ところが、小さければそういう苺だとは、最近はかぎらないらしい。
でもね。
あまり大きいのも、気が引けるんです。
やっぱり苺は、あのぱくっとできるサイズが、しっくりくる。
苺がよかったのか、ジャムはあっというまに、しかも上出来にできあがった。

便利布。

090409.jpg

おとといはエプロンだった。
きのうは、バッグだった。
それから、先週は、マフラーだった。
温泉に入れば、タオルにもなる。
カンボジアの手織り布、クロマー。
手ぬぐいサイズから、手軽なブランケットサイズまで。
チェックにしましま、色もいろいろ。
現地の人は、日よけ代りにターバンのように巻いたり、赤ちゃんを入れるスリングがわりにしたりもしている。
もちろん、ペットボトル入れにもなり、バナナも入る。
昨年、FUDOKIさんではじめて購入以来、絶賛愛用中です。
使い方を教えてくださった、クロマニヨン(クロマーをデザイン企画、輸入、販売している3人)の方々が、とってもおしゃれで素敵な人たちなのだ。
そのうちの一人、江波戸さんはわたしのきものの先生でもある。
そもそも習うきっかけが、クロマーでした。
クロマー着尺のきものが、ギンガムチェックでこれまたかわいい。
そのクロマー、ただいま西荻窪の「364」というギャラリーで、展覧会中。
きのう、行ってきました。
クロマニヨン・わかなさん、在廊中。わかなさんも、これまた素敵なひとなんです。
とっても美人。ついつい眺めてしまいますよ。もう。
もちろん中身もすてきで、いっしょにいると、もやもやした気持ちがすっきりしてくる。
なぜでしょうかね。
わかなさん、カンボジアで撮りためた写真で、写真展も開く予定です。
クロマー、手触りがなんといってもきもちいい。

はらはら。


2日家をあけて帰ってきたら、山吹の花びらが散っている。
そうか。
暖かくなってきたんだなあ。
外より家の中のほうがひんやりしている、今のような季節でも、
閉めっぱなしは花によくないらしい。
暖かくなると、それがはっきりわかる。
花びらを落して、終わった花をとって、水を替えて、切り戻す。
みるみる元気になって、まだ数日はいけるかな。

2日間だけのレストラン。

米沢亜衣さんと、房総のレストランごっこ。
春の山菜や、野菜。房総の魚。
亜衣ちゃんの料理は、どの食材の持ち味もきちんと生きている。
思ってもみないところに、意外な使い方があったりして。
でも、どれもしっくりしていて、すんなり入れてしまう。
おいしいものって、舌も目も、鼻もうれしいものなんですね。
おまけに、なんとなんと。
お手伝い役もしてしまった。
何ができるのか、まったく知らないままに、調理の過程を追っていくのは、
まるでできあがりを知らないパズルでもするみたい。
料理するのが、こんなに面白くて、すかっとするものだとは思ってもみませんでした。
亜衣ちゃん、レストランごっこの皆さま、ありがとうございました。

京橋でたわし。



鍋釜を磨くのも、ごぼうの泥を落とすのも、たわしのお世話になっている。
亀の子たわし。
茶色の、いがいがした、手のひらにすっぽり収まる、働き者。
ミニサイズのを愛用中。
台所のシンクが狭いので、いちばん小さいのにしないと邪魔なのだ。
実はこのサイズ、なかなか売っていない。
なぜだろう。
普通サイズなら、うちの近くのホームセンターでも売っているのだけど。
で、あると知っているお店は、なぜか京橋なのだった。
白木屋伝兵衛。ごぞんじ、江戸箒の老舗ですね。
お掃除が気持ちよくなります。ここの箒だと。
座敷箒は、もう何年も使っているけど、へたりもせず。
今日はついでに、庭掃き用のほうきも買う。

手入れする


昨秋の草展の尺庭。
オカズデザインさんが買ってくださったのは、すすきの尺庭と、小さな笹と苔の尺庭。
本日の日本酒の会にお伺いついでに、冬になって枯れた葉やなんかを、切って手を入れる。
枯れちゃったのかと思ってましたよ…とオカズさん。
イヤ。ぜったい出てくると思ってた。とミノルさん。
そうそう。春になるとちゃんと芽が出てきますよ。
だいじょうぶ。
すすきの新芽が顔を出し始めてました。
植えかえはまだしなくてもよさそうですね。
今度、肥料を持ってお世話しにいきますね。
日本酒の会は、中川ちえさんセレクトの日本酒に、オカズさんの肴で。
おいしかったなあ。
ごちそうさまでした。
今週は、まだまだおいしいものが続くのである…
フフ。

 | HOME | 

Calendar
« | 2009-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Categories Search Monthly Recent Entries Recent Comments Recent Trackbacks Links Appendix hibihana

hibihana

ふだん着の花を生けよう。ということで、名づけてヒビハナ。
日常の花とうつわをテーマにした花レッスンを都内で開講中。
日々おきる花とのできごと、うつわのこと、ごはんまわりのことなど、かいています。
日々花・花教室→