FC2ブログ

cococi blog

水鉢の、コウホネが咲いた。

080724.jpg

斑入り葉のコウホネだったのに、斑はなくなっちゃうし、あまり伸びてこないしで、ちょっと心配していたのでした。
かたく閉じた、丸いつぼみがあがってきたのが、1週間くらい前だっただろうか。
ちょっと小さめながら、ピッカリ光る、黄色の花びらを広げています。
知らないうちに、めだかも増えた。
日よけがわりに、水鉢に板を渡して、もみじの鉢をのせたら、ちゃんと昼ひなかは木陰にかくれている。
写真は、先週の市場で買った、シペラスの切花。
こちらも開花中。
スポンサーサイト



水の中へ。

080722.jpg

ドボン。
入ったら気持ちいいだろうなあ。
コップの水さえ、魅惑をそそるこの暑さ。
せめて、葉だけ水に沈めてみる。
うつわごと水に漬けて、使う前によく濡らしておいてから、水をたっぷりはれば、ひんやりキープ。
水面に反射する、とろん、とした光が好きです。
コビトになって、いっしょに入りたい。
毎年、おなじようなこと、いってるような気もするけれど。

夏空全開。

080717.jpg
タチアオイの蕾の、てっぺんまで咲いたら梅雨明けだと、なにかで読みました。
ぎぼうしも、梅雨の終盤が見え出すころ、花が終わります。
なぜだろう。何を知っているんだろう。
今朝は、朝顔が開花。

新入りさん。

080716.jpg

いかにも、「壺」なこのうつわ。
おととい、西麻布の桃居さんにて買う。川渕直樹さん作。
カッコよすぎるかなあと思ったけれど、それはいつか、うつわに見合うような花が生けられるようになれればいいんだし、と自分を納得させて。
初おろしは、センノウと花石昌で。
オヤ。
思ったよりも、ひょうきんなうつわだ。
花の受け止め方も、やさしくて。
さすが。
しばらく、愛用のうつわになりそうです。

ねじばなの小さなひみつ。

080713.jpg

らせん状に、くるくるとピンクの花がついている、ネジバナ。
ほんと、かわいいです。
こんなやつだけど、立派なランの仲間です。
えっ?そんな。
って思いますか。思うよね。
ネジバナに顔近づけて見るとわかります。
花ひとつずつ、まさにランの花。豪華シンビジウムと基本的に同じつくり。
増やしたいのに、増えないうちのネジバナ。それにも理由があるらしい。
書くと長くなりそうなので、またいずれの機会に。
今日のは、イケダさんからの花に入っていたもの。
しもつけといっしょに。

水にならう。

080712.jpg

7月の日々花レッスンは、水をみせる花生けです。
シンクのほうろうの洗面器。水がたまっているだけで、あー涼しい。
コップいっぱいの水にも、涼がある。
というわけで。
うつわにはった水にうつる、緑の影。
そんなものも生かして生けてみたいと思います。

 | HOME | 

Calendar
« | 2008-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories Search Monthly Recent Entries Recent Comments Recent Trackbacks Links Appendix hibihana

hibihana

ふだん着の花を生けよう。ということで、名づけてヒビハナ。
日常の花とうつわをテーマにした花レッスンを都内で開講中。
日々おきる花とのできごと、うつわのこと、ごはんまわりのことなど、かいています。
日々花・花教室→