FC2ブログ

cococi blog

紅くて甘いは。



松山のお土産もの屋さんに、すだちが出ていた。
早いなあ。と思いつつ帰宅してみれば、うちの柚子もけっこうりっぱな青柚子になっている。
夏草の中に、秋の草が頭を出しはじめている、ベランダの鉢。
実家の庭には、シュウカイドウの一番花が。
扇風機もだしてないけど、夏はもう折り返し地点をすぎたのでしょうか。
秋のはしり、というには気が早いけど、スーパーのさんまなんか見たりすると、季節がごっちゃになってしまう。
新さつまいもをししとうと煮る。
暑いので、朝のうちに晩ご飯を一品。
スポンサーサイト



雑草



帰ってきました。旅前からの日記、まとめてアップしました。
ブログはほんとうは、新鮮なネタのうちに、なのだろうけど、今の環境ではなかなかそうもいかないので、1週間分をまとめて。
土地が変わると、雑草も知らないのがある。四国くらい遠くに行くと、けっこうな違いがある。
川が合流する場所の向こう岸にて。昼顔のようなピンクの花。にしては、背丈があるし、ナデシコにしては花が大きい。
近づいてみると、オオマチヨイグサのピンク花みたいなのだった。
黄色の花びらなしのキンポウゲみたいのも、はじめて見る。
川沿いをぶらぶらしていると、すれちがった人にとつぜん挨拶される。
一瞬、返事のできない私。都会にいると、そういうやわらかさを失ってしまうのでしょうか。

触れるアート。



ふたたび高松へ。途中、丸亀の猪熊弦一郎現代美術館へ。
自由なかんじのする美術館。猪熊さんのおもちゃがたのしい。透明感のあるグリーンの巻貝。同じ色調のガラス瓶。インディアンの土人形は、宇宙飛行士みたい。
企画展、とてもいいです。白い伸縮性のある布が天井から吊り下げられ、中は迷路のように小部屋に仕切られている。ビーズや、ボールが詰まった布袋は、寝そべったり、身につけたりできる。はだしで入るのが気持ちいい。
ブラジルのアーティスト。エルンスト・ネトの作品。こどもたちは、大興奮して遊びまくっている。
セーラー服の女の子たちに教えてもらって、ボール入りのジャンパースカートみたいのを着てみる。
こんなかんじです。

道後公園とコーヒー屋さん。そして、魚。



戦国の砦の跡がのこる道後公園。たいしたことはないけど、木の下を歩くといい風がふいてくる。
椿の実が鈴なり。つやつやしているうえに、ちょっと赤みが出てたりして、なんだかおいしそう。
足のキズのせいで、温泉に入れないので、路面電車に乗って市内へ戻る。
昨日、loulouの女の子におしえてもらった、コーヒー屋さんでひと休み。
ル・ジャルダン・ドゥ・カフア。松山市駅近く、コーヒーの袋が目印。
スコーンをたのんだら、なんと粉からはかってつくりはじめる。
待つこと何十分かわからないけど、とうとうスコーン登場。
びっくり。
ざっくり四角く切って、焼き上げたスコーンがなんと4個も。
ほんわり軽くて、バターのいいにおい。コーヒーも、もちろんおいしい。
イエメン産のこうばしくてコクのある味。
今晩行く、お店までおしえてもらう。
と、ここまで書いたら晩のお店のこともかかずにいられましょうか。
ともかくも、何を食べてもおいしいお店。
「おいしい」という以外、何もいうことはないくらい。
魚好きなら、絶対よろこぶ。
わらじや。
白木のカウンターと小部屋がひとつの、小さな料理屋さん。
めばる南蛮漬け。いしもちのから揚げ。おさしみ。あこうだい、かつお、さば(激うま)、赤い縁取りの貝、うに。全部、地物。ツマの若布もたまねぎもおいしい。ムール貝の大きいのみたいな貝を酢味噌で。しゃこ。だしまき豆腐。(玉子焼きの中心部が豆腐。とろとろ。)ふたたびあこうだいを塩焼き。あらをスープ煮で。
とうぜんだけど、お酒もおいしい。
昨日のスーパーは、記念館スタッフ。コーヒー屋さんはloulouさん。晩のお店は、ル・ジャルダンのご夫妻。
皆さんのおかげで、おいしいものにありつけました。
どうもありがとう。

松山で、うろうろ。



伊丹十三記念館へ行く。二度目でも、やっぱりここはたのしめる。
まだまだ撮影中の夫を現場にのこし、松山市内探検。
時間だけはあるので、市内の商店街をくまなくまわってみる。
とりあえず行きたいのはギャルリ・サンキエーム。
ついでに惹かれる店がまえの雑貨屋とか荒物屋さんとか、探してみる。
昔からの街の生活雑貨屋さんみたいのを探したのだけど、ぜんぜん見つからない。
白い壁のお店。loulou。zuccaの洋服とか、安田奈緒子さんの器やアクセサリーが。
アンティークのボタンのついたピンを買う。
ここ、サンキエームの姉妹店なのだった。サンキエーム、企画のときだけ開けるのだそうで、残念。
晩ご飯は、スーパーで調達。
おさしみと、地元のお豆腐。お豆腐は、土地土地の個性がかんじられて面白いので、ともかくあたらしい場所にいったらためしてみることにしている。松山のは、分厚いです。
分厚いのは、豆腐だけじゃなくおさしみの切り身も。温暖な土地の人は、やっぱりおおらかなのかしら。

今日からふたたび、四国。



毎回のがしていた、念願の栗林公園へ。
ところが、曇り晴れ、のはずなのに、着くなり雨。
にわか雨のつもりが本格的に振りだしたので、民芸館でビニール傘を買うはめに。
でも、傘を買って正解。雨の園内は、ほんとうにうつくしい。
雨に濡れて黒々する松の枝も、雨越しに眺める、掬月亭も、雨に煙る背後の紫雲山も。
栗林公園は、なんといっても松の庭。
生垣のように壁状に仕立てる。上へ上へと伸ばす。巨大な盆栽のように、足を広げて地面にどっしりと張りつくように。
掬月亭は、桧皮葺の屋根もすばらしい。雨を眺めつつ、お茶を一服。したかったけど、フェリーの都合であきらめる。
お昼過ぎのフェリーで直島へ。地中美術館へ。
うーん。栗林公園に負けてるかも。

水に生ける。



今月の日々花。水の中にグリーンを生ける。予定では、そろそろ梅雨が明けて、夏の光が水やグリーンに反射して涼をかんじる…みたいなことを考えていたのです。が、いまだどんより曇り空。
でも、みんなの花は、のびのびとすばらしい。思いもかけない斬新な生け方がでてきたりして、目を見開いてしまう。
写真はMさんの花。

たいへんなことになっている。



虫さされがきゅうに悪化。熱まで出ちゃって、足は腫上がってる。とうとう昨日、お医者さんに行く。とりあえずも今日は、花市場へ。先週のお盆ウィークに比べ、人はすくない。ランとかクルクマとか、熱帯ぽい花がめだつ。ベビーピンクのちいさなランを買う。ウチョウランより、ちょっと大きいくらいの、いい匂いのするラン。ムースメリー。チョコレートみたいな名前だけど、香水系の匂い。

エイリアンがやってきた

5036.jpg

撮影に使う鍋やらなにやらが、宅急便で届く。
ダンボールを開けると、鍋やふろしきにまじって、小さなパッキンの包みが入っている。
黄色の付箋つき。
「おまけ。ヒゴスミレのタネ」
ウオー。なんて愛らしい。
98とナンバリングされた、薬瓶より小さな豆瓶。
中にはプロペラ型のさやごと、タネが。
付箋にはこうも書いてある。
「芽が出れば、ブワーとふえるエイリアンです」
たしかにスミレはエイリアン。
かわいい顔して、エイリアン。
どの鉢にだって飛来して、地面が合うとなればどんどん増殖。
でも、かわいいので許してしまう。
N星からロケット98号にのってやってきたエイリアン。
どこに撒こうかな。
Nさん、ありがとう。足、お大事に。

風通しよく。

5439.jpg

片付けきれなくて、モノが溜まってくると、いっぺんに全部捨ててしまいたくなる。
ぜーんぶ捨てて、イチからやり直したいっ!!と思っても、それは現実には無理なのだ。
しかたないので、地道に片付ける。
こういう日に、雨がしとしと降っているのはあまり嬉しくない。
片付けても片付けても、隅っこに澱がたまっているような気がしてしまう。
風通しのいいほうがいいのは、暮らしだけじゃなく、鉢植えも同じく。
茂りすぎたパセリにアゲハの幼虫。灌水機の都合で、柚子の木の下においてあるバジルにコナガ。もみじに蜂の巣!
ほんとうは、雨風によくあてて、風がよく通るようにしてやらないといけないのだけど、そうしてないからいろいろ問題も発生中。
ともあれ、虫を取り去り、晴れを待つ。竹酢液、かけなきゃ。
写真はニューホープ側から見たデラウェア川。
川岸のレストランに行った夜もどしゃぶりの雨だった。
クラブケーキ(かにのコロッケみたいなもの)と、チャウダーを食べた。チャウダー、洗面器みたいのに入っていた。降参。

名前を聞けば、なつかしく。



メロンみたいな色で、葡萄みたいな質感の花。
カランコエ。
匂いはない。と思う。
茎がとけやすいかと思ったけど、そうでもなさそう。
硬質な、しっかりした茎。
カランコエ、懐かしい。花屋でバイトをしていた頃、よく鉢植えを売った。
そのときのは、ずっと花が小さくて、イヤリングみたいにぶらぶら下がって揺れるタイプの品種だった。
先月、玉川学園の百福さんで買った、伊藤環さんのカップに生ける。
うすい色の花は、濃い色の器にいれたほうがぴりりとひきしまる、気がする。

虫刺され

だと思うけど、金曜日、正体不明の何かに(たぶん)刺されて、足が腫れた。
ひざの裏辺り、ちょっと上のところ。
はじめは筋肉痛かと思ってた。
ニューヨークでいっぱい歩いたのが今頃でてきたのかなあ。いやだなあ。
なんて思っていたのですが、どうやら違ったらしい。
蚊に刺されて、いつのまにか掻きこわしたのかなあ。
というまもなく、みるみる地腫れして、周囲は赤紫色に。
ぐじゅぐじゅ。べたべた。いたい。
薬を買って、塗る。
抗生物質恐るべし。
効果絶大。
腫れがひいてきたら、いくつも刺されあとがあるのを発見。
毛虫かなあ。
皆さんもご注意ください。

水の中へ。



葉っぱを沈めて生ける、今月の日々花。
水と葉をたのしむ、一日花ながら、とても味のある生け方をためしています。
あいにくの荒れ模様のお天気だけど、ほんとうは、水をとおして葉っぱに反射する光もたのしみたい。
はすの葉は水をはじいて、銀色に光ります。
姫りんどうを浮かべて。

三味線のおとみたいに



肺をぐわっとふくらまして、一声。
ニューホープのカエルは、三味線をかき鳴らしたときのような鳴き方をする。
日本の田んぼのカエルの大合唱とは、だいぶ違う。
敷地の中に、いくつもある池。
めいめいは小さいけど、構造にひかれる。
屋根を流れる雨は、樋を通じて、細い小さな滝のように曲線を描いて、池におちる。
部屋を出たとき、眺めるのにちょうど良いところに位置していること。
水辺には、ジャーマンアイリス。がま。睡蓮。
金魚にカエル。
朝、鳥の次にカエルが鳴いて、目が覚める。

おいしいものはつづく。



今日は、パンをいただく。
Tさんの地元のパン屋さんのパン。
もちきび入りのもちもちパンとクグロフ。
蒸して食べるとおいしい、と伺ったので、お昼に蒸してみる。
もちもち感が倍増。ウマイ。
はちみつをぬって食べると合う。
クグロフは、チョコレートのかたまりとラム酒に漬け込んだドライフルーツ入り。朝に食べたい。
まだ眠い朝に甘いものはうれしい。
早起きして、市場へ行くときはワッフルを温めてコーヒーといっしょに持って出る。
明日はこのクグロフを持って出よう。
…と思ったのに、むしゃむしゃほとんど食べてしまった。
夜は、アンチヘブリンガンへ。
レンティル豆とスペルト小麦のサラダ。
今日ふたつめのもちもち系。うまし。

プラム好きとしては。



杏1パック298円。
キンコンカンコーン。当たりました!
頭の中で叫んでしまったほどに嬉しかった、あんず。
出回り時期が短いから、逃しちゃったらかなしいなあと思っていた。
本日、いつもの教室近くの八百屋さんで購入。
ジャムを煮る。
帰ったら、あんなこととか、こんなこととかしないといけないけど、とりあえずジャムだ。
皮ごと、種だけとって砂糖と煮るだけ。
マーマレードよりずっと簡単でおいしい。
ヨーグルトにかけても。
生クリームと固めて、ジェラートにしてもよし。
甘酸っぱいのが好きなひとは、ぜひ。
写真は、Mさんからいただいたお庭のプラム。
いただいたのは、先月。もちろん食べちゃったのも先月だけど、プラムつながりで。
まだ青いですが、と下さったプラムだけど、みるみる赤くなっていった。
とれたての瑞々しさとふくよかな香り。
おりしも、夏かぜを引き込んで。
発熱中には、倍にも増してありがたかった。
Mさん、ありがとうございました。

生きてます



なんと、一ヶ月以上も間があいてしまった…
いろいろな方から、「だいじょうぶ?」とご連絡いただいてしまった。
申し訳なし。みなさま、ありがとうございます。
奥飛騨で、山野草に埋もれたのもつかのま、大風邪引きになり(いや、夏風邪には皆さんご注意!)、その後、アメリカに行ってました。
ようやく帰国。で通常の生活に戻ります。
明日から、教室。
仲良しの市場の子から、「お盆ですごい混むよー」とメール。
うえー。ニガテな混雑市場。
でも、がんばって仕入れてきます。
ブログもなるべく更新したいと思います。
どうぞよろしく。
写真は、アメリカペンシルヴァニア州のとあるお家の菜園。
ズッキーニもりもり。の脇にヒャクニチソウが。

 | HOME | 

Calendar
« | 2007-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Categories Search Monthly Recent Entries Recent Comments Recent Trackbacks Links Appendix hibihana

hibihana

ふだん着の花を生けよう。ということで、名づけてヒビハナ。
日常の花とうつわをテーマにした花レッスンを都内で開講中。
日々おきる花とのできごと、うつわのこと、ごはんまわりのことなど、かいています。
日々花・花教室→