FC2ブログ

cococi blog

ヒビハナ食堂。



友人とお昼をいっしょにすることに。
教室の近くまでくる用事があるとのことなので、日々花教室で限定食堂開店してお越しいただきました。
カレー好き(とわたしは思っているんだけど)の彼女なので、
挽肉とレンズ豆のドライカレーになすとピーマンをいれて。
あと、じゃがいもサラダ。
ミラ・メータさんのカレー本がわたしのカレーお手本。
何がたのしいって、スパイス潰しがいちばん好きな作業。
すり鉢はないので、韓国の石鍋に麺棒でずりずりする。
ぷん、と香りがたって、あー快感。
たのしい食事もうれしいけれど、会えたのがもっとうれしかった。
また、あそびにきてくださいね。
あっ。次はのみに行きましょう!

1625.jpg

で、今日の仕入れでいち気に入ったのは。
これですかね。
へちま型のズッキーニ。
花業界、ハロウィンモードです。
いっぱいカボチャでてます。
もっと寒くなってくれないと気分がでない…とも思いつつ。
カタチに惹かれて買ってしまったのでした。
一緒に生けたのは、ミラ・ビフローラとコブナグサ。
花器は、メスシリンダー。
スポンサーサイト



セテゲラと青いびん。



用事があって、横浜方面へクルマででかける。
ひさしぶりに大渋滞に遭遇。
ずうっと遠くまでつながるつながる車の列。
いつもあんなに混んでるのかしら。
数年前に、よく通ってたころもここまでヒドイのはなかったんだけど。
最近都心の道が空いてる(と思うので)、渋滞も新鮮でしたよ。
なんだか。
わたしはべつに急ぐわけでもなかったけれど、お急ぎの方、たいへんだったでしょうね。おつかれさまです。
あっ。花の話をしようと思っていたのでした。
きのうのセテゲラー、びんに挿すとこんなかんじ。
水揚げのときに折れちゃったロフォミルタスを根もとに添えて。
青のガラスびんがいがいにあう。
病院で使っていたらしく、紋章と名前のはいった!薬びんです。

2127.jpg

枝落とししたのは、こっちに。
これのがかわいいかなあ。

惹かれる花には、棘がある。



大きくて、痛いんだけど。
やっぱり買った。ローズ・セテゲラー。
「スズバラ」ってカタカナで書くと、なんかバラ売りしてるちっちゃな果物みたいな気がします。

棘つきのまま、出してみた。みんな痛くても手にしてくれたのでうれしい。
真っ赤に完熟、オイシイデスヨ…とはいわないけど。
ミワク的ですもん。こんなたっぷりしてたら。
落ちてきた実もむだにしたくない。のは生徒さんもおなじとみえて、
みんな拾ってお持ち帰りしてくれます。
花はどんなのが咲くんでしょう。
やっぱり一重かなあ。

新鮮そうなツヤのせいか、ガラスのうつわがぴたりくる。
一本入れて、ハイおしまい。
…でもいいんだけどなー。
さすがにレッスンにならないか。


季節はあっていなくても。



お彼岸明けのわりには、しずかな花市場。
秋の花じゃないものに目がいく。
ぜったい使ってもらえる!と自信をもって購入したのが、これ。
クレマチス”エジンバラ”。
傷ひとつ無い花びら。ふれるのをためらうような白の色。
ゆるやかに垂れ下がる茎もうつくしい。
たまには緊張感のある花が生けたい…と思わせる一輪です。
吾亦紅の濃いえんじ色。チョコレートコスモスのココア色。点々と朱赤の水引。枯葉色のアマランサス。
秋色のこっくりした花とあわせたい。

ロロカロハルマタン展。



ももぐさの続き。
前川秀樹さんと千恵さんの、ロロカロハルマタン展。
すごくたのしくて、かわいい道具や家具。
なにから出来てるの?って考えるのがまたたのしい。
バッグもかわいくて、ちょっとほしくなった。
バッグに関しちゃ自分でも持ちすぎだとは思うし、夫の視線がコワくてやめる。
ももぐさカフェのランチもロロカロ風。
・じゃがいもとクレソンのスープ。
・秋野菜のサンドイッチ
・アイスクリームといちじくのデザート
ゆっくり噛みしめるとじんわりおいしさがやってくる。
ひさしぶりの充実そとごはんだった。
買い物は、
アルミのうすべったいお茶缶とおなじくブリキのお茶缶。
お教室でつかうお茶の葉入れに、探していたので。
あたため鍋という名の、片手土鍋ミルクポット。
冬のあたたかいデザート用に。ぜんざいの小豆とかあたためようかと思う。茶漉しがどぼんと入るので、チャイもいいか。
写真は前川秀樹作。花びら(木)。

日帰りで。

多治見にあるギャラリーももぐさまで、行ってきた。
夫の仕事がらみにくっついていったのだが。
たのしかったです。
ももぐさカフェのお昼がとても美味しかった。
どんなものがでたかというと…。
といきたいところですが、疲れたのでもう寝ます。
以後は後日。
明日は早朝、花市場。
日本橋のお教室があるので。
お彼岸明けでどうなっているのだろうか。

お弁当もってでかけよう。



さっき、おにぎりをつくった。
鮭のフレークと梅入りの2種類。
鮭は、祖母のお手製フレーク。おいしくて、日持ちがするので、もらうとすごく得した気持ちになる。
作り方はかんたん。
鮭…冷凍の安いのでじゅうぶん
お酒、しょうゆ、ごま。適当
鮭は焼いてほぐす。
フライパンなどでよく炒って、お酒としょうゆをまわしかけて火を止める。さめたら、ごまをふって保存する。
よく炒る、ってところがポイント。
見てると弱火でさらさらになるまで気長に炒ってる。
祖母のつくるものはなんでも、「気長に」やるものばかり。
ささっとすぐにできる、というのは苦手らしい。
写真の花は、ひまわり。
品名はひまわりの実、となっていたので、花びらは落ちたあと?
人の顔っぽくて、つい並べてみたくなる。

青空に咲く花。



裸足でいると足先がつめたくなって、踝がすうすうしてくつ下でおおいたくなって、お味噌汁をおかわりしたくなったら、
コスモスの茎が溶けなくなる。
おととい買った、八重っぽいコスモス。
花びらにキズも出ず、きれいに咲いている。
かなりうつむいていたけれど、今朝になったら花首が持ち上がってきた。よしよし。
きっぱりと白くて、清潔で、よく磨いたガラスが似合う。

ぷりぷり鈴なり。



ワックスフラワーは、あんまり買わない。
ごみごみしてるし、葉っぱがばらばら落ちて、うっとおしい。
レッスンのとき葉っぱが落ちると、もう使ってもらえなくて、残ってしまうこともしばしば。
この花をきれいに見せるには、葉をきれいにとってしまって、かたいつぼみも剪定しなくちゃならない。
輸入ものだから、箱にぎっしり詰まっていて、変な寝グセみたいのもついてたりして、困る。蒸れてしまうのか、花が茶色くなっていたり。
けっこう面倒な花なのだ。
差別してますかね?ごめん。ワックスフラワー。
でも、ごくたまに。
こんなぷりっとしてかわいいやつがやってくる。
ほんのりピンク、大きめの花がたっぷりついてて、ういういしい。
手に取るほうもうれしくなって、面倒な葉っぱ取りもていねいにやってみたりするのだ。

掃きだしたって変わらない。

来月から、ごみが有料になる…というので、今週の燃えないゴミ、すさまじかった。
もう「山」のようにでてる。
収集が追いつかないらしく、いつまでたっても収集車がまわってこない。
でも。
コレ、ぜんぶ「燃えない」わけだから。
どうなっちゃうんでしょう。
出せば、目の前からいなくはなるけど、ただ「視界に入らない」だけのことで、
どこかにはあるわけなんですよね。
こわいです。
人のことはいえず、うちも片付けして出したのですが、
スーパーの袋ひとつ分くらいとはいえ、燃えないごみって、すごくいやなものです。
ほとんどプラスチックとか樹脂製品で(あたりまえだけど)、集めてみるとなさけない気持ちになる。
燃えないゴミって不毛だ。
いろんなものがいまやプラスチックだけれど、なかには自然素材や「燃える」製品で同じ機能のものがあったりする。
買うときの意識の問題なのだ。
これからは、どうしても必要な以外は、プラスチックものは買うのをやめよう。
と心にちかったのでした。

立ちどまればよかった。



きのうの夕方、おもてに出たら、ちょうど山の上にまんまるお月さん。
お月見だった、と思い出したのに、家にはいったら雑事にまぎれてわすれてる。
今朝、実家に寄ったら、玄関にすすきと萩。
あ、とまた思いだす。
こんな仕事してるのに、忘れちゃうなんて。
しょぼーん。
さんまに、きぬかつぎ、だだちゃ豆に、白雪かぼちゃ。
ご飯はめいっぱい秋なのに。
ひたすら涼しくなってほしいことばっかり考えてて、先へ先へと気持ちがあせってる。
なんか、シンケイが野太くなってそうで、イヤ。
で、忘れてたので今日の花は。
レッスンの残り、百日草とへくそかずら。

生徒さんの花公開。



こんなにいろんな器がやってくるとは!驚きの今月の日々花レッスン。
わたしだけみんなのを見ているのではもったいないかも。
生徒さんの花、ちょっとですが、公開します。


1400.jpg

ふんわり入れた秋明菊がやさしいかんじ。写真では分かりづらいですが、器はガラスの蚊取り線香たて。

1423.jpg

同じ秋明菊でも、こちらのはシンプルにいってます。
レックスホテルの器。カトラリー立て?らしいのですが、花器にもなかなか。

1469.jpg

もひとつ、いきます。
最近メジャーになってきた、チョコレートコスモスの赤をメインに。
チョコレートなのに、赤っていうのも複雑な。
お皿って、難しいですが(おまけになすの形だし)、これはワイヤーをかけてます。

日々花のサイトでも、このレッスンの模様を公開しています。
lesson info のページです。

http://www.hibihana.com

日々花レッスン二日目。



土曜日は3クラスある。
テーマは昨日とおなじ、自前の器を持ってきて生ける、でした。
いろんな器やらモノやらがあらわれて、みんな、いろんなこと考えるんだなあ。個性的な花も多くて、ブログで次々載せてみようかと思います。
来てくださる皆さんもきっと楽しい?(に違いない)と思うのですが、こちらのほうがずっとこういうレッスンは楽しめてしまう。
またやりたいですね。
1404.jpg

で、お菓子はこんなふうに。
ぶどうの寒天に、生クリーム+ヨーグルトをのっけて。
ゼライスのほうがクリームとの相性はよさそうなんだけど、あんまりゼライスが得意じゃないので。
ゆる~い寒天をめざしたのですが、なかなか難しい。
きのうなんて、固まらなくて時間は押してて、半泣きでしたよ、もう。
昨今の「寒天騒動」で、粉末が手に入りにくいので、タブレット状の固形寒天にしたのだが、なんか固形のほうがぷりぷりが強い気が。
どうやってもしっかり寒天になっちゃう。
でも、味はおいしかった。





本日の花。



ひさかたぶりの日々花教室。
みんな忘れちゃってたらどうしよう…。と最初のひとりめが来るまではちょっと心配でした。
誰も忘れたりなんかしないで、来てくれたのですが。ありがとう。
3連休、大安、お彼岸とトリプルフィーバーの今朝の市場。
草花ぽいものを集めてたら、あらら。赤いのばっかし。
紫とかピンクをもとめて、一時間ほどウロウロするも、気に入ったのが出てこない。
ま。秋だしいいか。明日来る皆さん。青系の花がすくないです。
うつわ、気をつけてくださいね。
今回は、使ってみたいけど、どう生けていいかわからない!
という自前の器を持ち込みレッスン。
どんなのがやってくるのか、わたしのほうが興味シンシン。
雲のカタチの掛け花入れ持ってくる人。
パステルベースの黄色の花瓶の人。
そうして、自分のすきな器に生けるほうがずっと花もいきいきしてる。

1532.jpg

これは、今日のある生徒さんの花。
青いころんとした花器はじぶんでつくったものなんだそう。
黄色とオレンジをあわせるところが、彼女らしい。

お菓子のもと。



ここのところ更新してなかったので、つづけていきます。
明日から日々花のレッスン。
で、今日はおやつの仕込み。ぶどうの寒天なので、ぶどうのジュースをつくっておこう。鈴なりの実でずっしり重たいベリーAで。
火にかけると濃厚なぶどうの香り。
香りがとんでしまわないように、レシピよりも早めに煮上げてみました。
これに、巨峰やらピオーネやらの実をいれて寒天でかためようかなと思います。先月食べた、いろいろベリーの寒天寄せがヒント。
月曜に八百屋さんを偵察したときは、いろんなぶどうがあったので。
のせるお皿は、白いのですかね、やっぱり。

風吹くように。



くねっと曲がったわれもこう。
さいきん栄養満点かたくてまっすぐ、みたいのが多いので、これはウレシイ。
立派なわれもこうより、こういうおミソなののほうが、生けたときの味わいありますし。
曲がってなくちゃ、われもこうじゃない。
紆余曲折のない人生なんてありえない。
…って、花のハナシでしたね。
水引も秋度100%の草。
ちらちらする朱のいろがはんなりです。
このあいだのレッスンで、なぜ水引というのか?という話題になって。
上からみると赤、下からみると白にみえるから、なのです。
これも赤がでるように撮りたいんだけど、ちょっと角度が微妙にむずかしい。

いも、くり、かぼちゃ。



は、女の好物とかいわれますが。
うちの祖母は、いも、まめ、かぼちゃ。
ぽくぽくしたのは、やっぱり秋だねえ、とばかりに煮まくっている。
で、その祖母の最近の口ぐせ。
暑い暑いといってるうちにもう秋だよ。
ホントーです。
のどごしつるつるとか、さっぱり酸っぱい、はそろそろおしまい。
教室のお菓子も、秋っぽく。
バナナとプラリネのマフィンを焼く。
焼き菓子にやる気がでただけで、もう夏じゃない。
あんぱんもつくった。
あんなにオーブンまわしててもへいきなんだから、涼しくなったんだ、と思う。


いただきもの。



シーズン最後の桃。巨大なみどりの葡萄。五目豆。甘酢しょうが。
ここのところ、いただきものづいている。
なんてラッキー。
で、今日ももらったんだけど。
ぜんぜんうれしくない。
ほんとうにうれしくない。
だって。
もらっちゃった、目に。ものもらい~…。
膿んできてるらしくて、イタイし。
もらうなら、美味しいものがいいよお。
一日片目ライフでがっかししていたら、どらまちっくな夕焼けが。
カメラ出しているあいだにどんどん色がかわっちゃう。
秋の陽ですね。
あしたは晴れるんだろうな、きっと。

雨のあいまに。



ちいさなちいさな孔雀草。
一番花です。
深さ10cmくらいの浅い大鉢に寄せ植えてあるもの。
フツーの孔雀草の苗だったのですが、5年目でデイジー以下のサイズになってきました。
でも、ちゃんと枝分かれしててピラミッド状というのか、円錐形に花が咲いていくんです。
畑の脇なんかでみかける1mくらいあるのとおんなじとはとても思えないですが。
生けてもながもちします。
こういうチビの孔雀草、誰かつくってくれないかなーきりばなで。

みたい病発生。

「かわいい」ような「きれい」なようなものが無性に見たくなるときがある。
昨日まで、ブラックなユーモアのきいた小説とか、バイオレンスなアクション映画とか読んだり見てたりしてたのに。
写真のきれいな雑誌とか、お料理の本とかそんなのばっかりがみたくなる。
こういうときに最近つける薬は、「すてきなあなたに」と「chez pannise」の料理本。両方とも写真がなくて、「すてきなあなたに」は文章と挿絵、「chez pannise」は野菜とか果物の版画絵。(英語なので、あんまり読めない…)に刺激されるのだと思う。
うつわやさんに行くのも効果があるんだけど、こういうときに行くと出費がね…。
で、「すてきな~」をめくって癒し中。
おなすの中国ふう、たべたいなあ。



日々花のレッスンを公開中です。



4月のレッスンのもよう、サイトに公開しました。
この日は、湯のみを使ったレッスン。
お天気もよくて、花がとくべつキレイにみえた日でした。
4月にはこんな花がでてたのね~。
春って花もかろやかでいいなあ。
夏の花に慣れた目には新鮮にうつります。
といいつつも。
そろそろ秋の花もちらほら。われもこうやコスモスでてきました。
日々花のレッスンも10月から新会期。
ただいま、募集中です。

http://www.hibihana.com

夏のぬし。



ただいま、どんな花瓶よりも生けやすい。と思っているのが、中古の薬びん。
胴体より、口がせまくてでも口径は広め。横幅と高さのバランスもなかなか。
つるくちの花瓶も好きなのだけど、どうもスキがないヒトみたいで。
えらびぬかれた数本だけヨッていわれてる気がして、こっちも気合入れて生けなきゃって思ってしまう。
そのてん、コレだと何本でも入るだけいいよお~。べつに1本でもいいし。っていわれてるようで、気がラク。
中古だから、表面についた細かいキズでぴっかぴかのガラスちゃん。じゃないのもそう思うせいかもしれない。
今夏、もっとも出番のあった花器です。
いつか数がたまったら、薬びんに生けるレッスンもやりたい。

今夏のぬしは薬びんと2ヶ月に突入か?のクラマゴケ。
この組み合わせになんか足してることがおおかった。
夏じゅう、あっつい玄関に居座り続けたクラマゴケ。
いつまでもつのだろう?

今週のほしかったもの。

食べたいよう。とあたまのなかでさんまがぐるぐる。
そろそろいいよね、やっぱり最初は塩焼きだよね。
大根おろしもほしいよね。
今週、いまいちばんほしいものは何?ときかれたら、迷わず
「さんま」
と答えたであろうほどに食べたかったのです。
今日の晩ごはんに、いただきました。
さんまを買いにいったスーパーの魚売り場もすっかり秋模様。
秋さば一本。秋鮭の切り身半身分。
も買いました。
なんか、暑さでめげてた食欲ももりもり盛り返してきましたよ。
つぎはさんまで押し寿司にチャレンジだ。
今日の晩ご飯は。
さんまの塩焼き。かぼちゃ煮。ごぼうの胡麻酢。おくらとわかめの赤だし。ごはん。夏と秋のあいだのご飯。
夏のあいだ、ブームだった赤出汁もそろそろ終わり。
そろそろ白っぽいお味噌がほしくなります。



 | HOME | 

Calendar
« | 2005-09 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories Search Monthly Recent Entries Recent Comments Recent Trackbacks Links Appendix hibihana

hibihana

ふだん着の花を生けよう。ということで、名づけてヒビハナ。
日常の花とうつわをテーマにした花レッスンを都内で開講中。
日々おきる花とのできごと、うつわのこと、ごはんまわりのことなど、かいています。
日々花・花教室→