FC2ブログ

cococi blog

蓮の庭

00009468.jpg

ちょうど咲き始めたばかりです。
と、取材先のお宅の蓮の花。
ご実家の近くのお寺から株分けされた蓮は、大きめの花。
ゆったりと風に揺れている。
蓮池がほしくなってしまった。
スポンサーサイト



北海道。ほんとは出張。すこし、花の旅。

00004843.jpg

パンを撮りにいって、
花を見る。

芽吹きは緑。
と思っていたけど、北海道の芽吹きは違っていた。
木によっては、芽出しが赤いのもある。ヤマザクラなんかそうだ。
我が家の日向ミズキも、ヤマモミジもたしかに新芽は赤いけど。
ちょっとこれはすごすぎる。
だって、山がこんなかんじなんです。

img267.jpg


峠道を車で走り抜ける。
沿道の木は、赤に黄色に、目の覚めるような黄緑。
赤だって、朱色もあれば、深い濃い赤もある。
なんだろう、種類を特定したいけれど、走る車の中から、
しかも知らない地域の木ではわからない。

ようやくわかったのは、
どうやらカエデ系は黄色や赤らしいこと。
そして、花芽も同時に出てくること。

00004807.jpg
イタヤカエデ。
ハウチワカエデ。
庭に植えたい木が、ここではすくすくと育っている。

00004747.jpg

天を見上げるほどの大きな木がそこらへんにごろごろしてる。
これはカツラ。
いったい何年生きたのだろう。
力つきて、根元から倒れてしまった。
もうそれからだってどのくらいたっているかわからない。
その足下には、春一番の花たち。

00004783.jpg


エゾエンゴサク。
1年のうち、約1ヶ月あまりしか地上に姿をあらわさない、
ほんとうにいっときの花。

見慣れない植物、その2。

110622a.jpg

畑にも気になるものがある。
まだ植え付けたばかりらしく、
遠目には緑のビーズが連なったようにみえる。
とうもろこしか、じゃがいもか。それとも、大豆?
近づくと、大根みたいな葉っぱ。でも、大根にしては、葉っぱがかたそうだ。
土からすこしだけ、白いものがのぞいている。
砂糖大根、というものらしい。
何になるかといえば、てんさい糖だそうです。
どうやって、甘みをとるのだろう。

見慣れない植物、その1。

110621a.jpg

車で走り出すとまず、周辺の緑が目に留まる。
まず、大きい。
ふきも巨大。
まさに、コロボックル。
イヤ、人間だって、傘に出来ると思う。かなり、大きいもの。
たぶん、イタドリ?
これも、大きい。
150cmはある。
たんぽぽも、のっぽだ。
60cmはある。
景色もひろーいが、緑一つずつも大きい。
関東でも、親戚筋にあたるやつで、見慣れているはずなのに、
大きさ感が違うだけで、印象がかなり違って見える。
沿道で、そのふきを採っているおばあさんをみかけた。
煮るのだろうか。
傘にするわけじゃないよね。
写真は、エゾノコリンゴの木。
昔はこの花で、お花見したらしいです。

今度は北海道。

110620.jpg

あちこち行ったり来たりの6月。
今週は北海道だった。
空港出たとたん、寒い。
北の国だ。霧雨が降ってて、外気温14度!
さすがに後半晴れたら24度くらいにあがったけれど、朝晩はやっぱり冷える。
緑も新緑。
木陰がひんやりです。
札幌泊の朝は、北大までパンとコーヒーもって、散歩に行く。
水辺のそばで朝ごはんときめている。

 | HOME |  »

Calendar
« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Categories Search Monthly Recent Entries Recent Comments Recent Trackbacks Links Appendix hibihana

hibihana

ふだん着の花を生けよう。ということで、名づけてヒビハナ。
日常の花とうつわをテーマにした花レッスンを都内で開講中。
日々おきる花とのできごと、うつわのこと、ごはんまわりのことなど、かいています。
日々花・花教室→