FC2ブログ

cococi blog

着付けデモンストレーション@FUDOKI

00004539.jpg

三年前にはじめたきもの。
季節にあわせて、色使いや、素材を変えるのが
花と似ていて面白いのです。
今日は、着付けの先生の着付けデモンストレーションのお手伝い。
板橋のギャラリーFUDOKIで、「江波戸玲子の半幅帯と着物展」。
着付けの先生は、江波戸玲子さん。
ラオスカンボジアの布で、着尺と帯もつくっていらっしゃいます。
わたし着る人、先生が横で解説。
ひもを使うだけの、長く着ていても、らくちんな着付けです。
でも、みためはすっきり。カッコいい。
わたしのきもののきっかけも、先生のすっきりさっぱりの着姿に
憧れたから。

まあともかくもかっこいいのです。
先生じたいがすてきな方。
今日も着姿にほれぼれ~
スポンサーサイト



年の瀬仕度 4。

111231b.jpg

思いがけない贈り物が届いた。
日々花のMさんからだ。
半透明の封筒の中に、黄色の押し葉が透けて見える。
開ける前から、すてきな贈り物の予感。
中がすこしみえるって、わくわくしますね。
開いてみたら、辰が2頭。
折り紙じゃなくて新聞紙で折ってあるところがニクイ。
折り方のコピーも添えて下さった。
Mさん、ありがとう!
お正月に折ってみますよ~

さっそく辰をお飾りに加えて、残るおせち1品にとりかかる。
最後はヤツガシラの煮物。

111231a.jpg


2011年は、大きく変化の年でした。
文字通り、たくさんの方に助けられ、お力添えいただいて、
ぶじ年の瀬を迎えられましたことを、
お礼申し上げます。

そして、今年もブログを訪れて下さったみなさま、
ありがとうございました。

皆さまにとって、あたらしい年が、実りある年になりますように。



お財布も変わった。

111021.jpg
これは環境の変化とは関係ないけど、
花の仕入れ用のお財布だ。
肩から斜めがけが出来て、両手があくもの。
片手に花や枝ものを抱えて、もういっぽうの手で支払いをするので、
これは必須条件。
なおかつ、片手でかんたんに開けられて、中がよく見えるもの。
混んでるときのレジ待ちは誰だって急いでいる。
なるべくさっと支払いは済ませたい。
できたら分厚くなくて、軽いのがいい。
(バッグの中には、他にも自分の財布もあるからだ)
これは、というのがなくて、自分で縫った布バッグをずっと愛用していた。
右上のです。
で、左下が新しいもの。ひさしぶりの革製。
でも、あまり重くない。
切りっぱなしのふちが気に入ってます。
花教室の生徒さんでもある、fripon friponneさんで購入。
今日はこのお財布初下ろし。
いい花に出会えますように。

新しいカップ

00003721.jpg

環境が変わって、変化したことはいろいろあるけれど、
そのひとつが、朝ごはん。
光が変わると同じメニュー、同じ皿でも見え方がまったく変わってしまう。
これはあんまりおいしそうじゃないな、というのも出てくる。
どんなにお天気のよい日といえども、まず灯りをつけなくては食事もできない家→
曇りぐらいでは灯りをつけずにすむ家
の違いは大きい。

とりあえず、試しにカップを変えてみた。
木の皿をあわせたいのだけど。
お皿はまだ探し中。

ガス火は2つ。

110929.jpg

このところ、にわかに人並みの暮らしに復帰しつつある。
アプローチ完成の日、ガスコンロもやってきた。
最後にきて、コンロを変更した。
鋳物コンロの予定だったけど、リンナイのガステーブルにきめた。
造りがシンプルで掃除がしやすそう。
ともかくも、これで火が2口になった。
なのに。
1ヶ月もガソリンバーナー1つで料理してると、
2口あるのに、1口でつい料理。
コーヒー沸かして、それからパン焼いて。
と朝ご飯。
いやいや。もう両方いっぺんに出来るのに。
慣れってコワイ。

 | HOME |  »

Calendar
« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Categories Search Monthly Recent Entries Recent Comments Recent Trackbacks Links Appendix hibihana

hibihana

ふだん着の花を生けよう。ということで、名づけてヒビハナ。
日常の花とうつわをテーマにした花レッスンを都内で開講中。
日々おきる花とのできごと、うつわのこと、ごはんまわりのことなど、かいています。
日々花・花教室→