FC2ブログ

cococi blog

新顔クレマチス

_MG_4936.jpg

ニューフェイスのクレマチス。
形は「白万重」に似てて、赤くしたかんじ。
つぼみのときの形が独特。

かもめづると生けてみる。

スポンサーサイト



大谷芍薬園再び。

DSC_0328.jpg
今年もやってきた、芍薬の季節。
日々花では、もともとあまり使うことのない花でしたが、
とあるご縁で出会った農家のおかげで、
芍薬のミリョクに開眼。
4年ぶりに、畑にお伺いしてきました。
神奈川県の寒川にある、大谷芍薬園。
最後まで咲ききる、健康で美しい芍薬は、
端正して育てられる路地咲きならではの花です。
4月に入ってから、気温が上がらないこともあって、
これからがオンシーズン。
芍薬畑といえば、上の写真みたいと思いますが、今はまだ蕾です。
こんなかんじ。
DSC_0333.jpg
ワタクシ的には、もう切れるのでは?と思うような蕾ですが、
大谷のお父さんいわく、色がのってない、状態。
この、切り時までの微妙な数日の差が、その後の保ちに一役買っている、といえそうです。


よこはまセレクション

140127a.jpg

春満開。
ビオラの季節がやってきました。
・・・というわけでなくて。
ずずーっとズームアウトすれば、ご覧の通り、まだ冬の庭。
140127b.jpg

ケースにいっぱいのビオラの花。
こんなに咲いちゃったらだめなんじゃないか。と思うでしょ、皆さん。
そんなことないんです。
このビオラは、ここからがスゴイ。
今でさえモリモリの苗ですが、3倍の大きさにはなります。
花も次々よく咲きます。
ここのを買ったら、他のビオラが買えない、となるくらい、スゴイ。
よこはまセレクション。という名のビオラです。

名前の通り、横浜市内で作ってます。
お誘いいただいて、生産しているハウスにお邪魔してきました。
どーん!
ぜんぶ、ビオラ。
00008959.jpg

ビオラの特性でもあり、またそういう方向を目指しておられることもあって、
同じ品種でもひとつひとつの色の出方が違います。
目移りしまくりです。
色はすべて、微妙な中間色。

春の花生けに、ちょこっと。活躍してくれます。






今日は、2014年の初仕入れ。

00008809.jpg


朝5時出発。一年のうち、いちばん朝が冷えて暗い時期。
恥も外聞もなく、着ぶくれて行きます。
車の温度計ー5度・・・
これは今季初かもしれん。
車の窓ガラスにお湯をかけて、出発でした。
買ったのは春の花。
黄色の花が入り用なので、レンギョウ、サンシュユ、菜の花などを購入。
色が明るくて、まぶしい。
00008806.jpg

そうだった。春ってこんなにあざやかなのね。
と毎年ながら思うのでした。

クレゴーゴーロク。

00008586.jpg

今週は松市でした。
お正月の松を買う、いちねんに一度の日。
この日だけは寝坊せず、気合い入れて市場に行きます。
レッスン用の松も、ぶじ仕入れ終わって、いよいよお正月モード。

バチバチと枝を切って水揚げしたら、はさみがヤニでべとべとに。
鋼のはさみは、水ぶきくらいじゃキレイにならない。

こんなときは、クレゴーゴーロク。
いやー。びっくりするほどきれいになりました。
ついでに手持ちのはさみ、全部お掃除。



 | HOME |  »

Calendar
« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Categories Search Monthly Recent Entries Recent Comments Recent Trackbacks Links Appendix hibihana

hibihana

ふだん着の花を生けよう。ということで、名づけてヒビハナ。
日常の花とうつわをテーマにした花レッスンを都内で開講中。
日々おきる花とのできごと、うつわのこと、ごはんまわりのことなど、かいています。
日々花・花教室→